桜林美佐

略歴

職業:防衛問題研究家(日本の防衛政策を研究・執筆
   安全保障懇話会 理事
   国家基本問題研究所 客員研究員

出身地:東京都
生年月日:昭和45年4月26日
最終学歴:日本大学芸術学部 放送学科

日本大学芸術学部放送学科卒業.。
テレビ番組ディレクターとして『はなまるマーケット(TBS)』など、
多数の番組制作に参加。
 
また、構成を務めた平成18年5月放送 『ニッポン放送報道特番 「夢叶う日まで ~ 割りばし事故は問いかける」』 が、平成18年日本民間放送連盟賞 ”NAB Awards 2006” ラジオ報道番組部門 「優秀賞」>> CHECK
第44回ギャラクシー賞(平成18年度放送批評懇談会主催) 『ラジオ部門優秀賞』を受賞。>> CHECK
 
平成18年11月1日 自身初のノンフィクション 『奇跡の船「宗谷」』 を並木書房より出版。
 
平成20年9月8日 ノンフィクション第2作 『海をひらく - 知られざる掃海部隊 -』 を並木書房より出版。
 
平成21年8月7日 『終わらないラブレター - 祖父母たちが語る「もうひとつの戦争体験』 をPHP研究所より出版。
 
構成を務めた『ニッポン放送報道スペシャル 時効という名の壁~未解決事件遺族の願い~』が平成21年日本民間放送連盟賞 ラジオ報道部門 「優秀賞」 を受賞.
 
平成22年4月~8月まで、『フジサンケイビジネスアイ』にて「防衛産業のいま」を連載。
 
平成22年8月7日 『誰も語らなかった防衛産業』 を並木書房より出版。

平成23年3月~秋まで夕刊フジ『誰かのために~東日本大震災と自衛隊』を連載

平成23年9月11日 『日本に自衛隊がいてよかった』 を産経新聞出版より出版。

平成24年3月1日 『ありがとう、金剛丸 ~星になった小さな自衛隊員~ 』 をワニブックスより出版。

平成24年4月~、平成26年4月、夕刊フジ『ニッポンの防衛産業』を連載開始(毎週月曜日掲載、全112回)。

平成25年7月10日 『武器輸出だけでは防衛産業は守れない』 を並木書房より出版。

平成25年 防衛省防衛研究所特別課程修了

平成26年7月18日 『自衛隊と防衛産業』を並木書房より出版。

平成26年11月~平成27年11月まで、夕刊フジ『国防最前線』連載。

平成27年7月27日 『海をひらく - 知られざる掃海部隊 -(増補版)』 を並木書房より出版。

平成27年10月10日『自衛隊の経済学』をイーストプレスより出版。

 平成28年、構成を手掛けたニッポン放送報道スペシャル「子どもたちの震災~しゃべっていいんだ」 が第12回日本放送文化大賞ラジオ・グランプリを受賞。

桜林美佐 石破茂・防衛大臣(当時)と

平成29年5月24日『自衛官の心意気』をPHP研究所より出版。

委員等

防衛省「防衛生産・技術基盤研究会」委員
内閣府「災害時多目的船に関する検討会」委員
防衛省「防衛問題を語る懇談会」メンバー

等を歴任

出演・執筆履歴

高嶋ひでたけの「あさラジ!」(ニッポン放送)
ひるおび!(TBSテレビ)
たかじんのそこまで言って委員会(読売テレビ)

たかじんNOマネー(テレビ大阪)
朝まで生テレビ(テレビ朝日)

月刊テーミス「自衛隊と共に」
夕刊フジ「国防最前線」

他多数

出版

これまでの出版目録は、こちらをクリックください。 Click>>